「水素水」と「活性水素水」は別物です。電解水素水、還元水素水は「活性水素水」です。「水素」は入っていません。

先日、産経ニュースで水素水に関する記事が出ていました。これを書かれた産経デジタルの平沢裕子記者は、ある勘違いをしてしまっています。それはタイトルにある「水素水」が実は「活性水素水」(電解水素水、還元水素水)であることです。



元々、「水素水」と「活性水素水」(電解水素水、還元水素水)は別物です。
水素水には「水素」が入っていて、活性水素水には「活性水素」が入っているのです。

水素という言葉あれば「水素」が入っていると勘違いするのも分かる気がしますが、科学の視点から言うと大きな違いなんです。水素は科学、活性水素は未科学なのです。水素に関しては全世界の医師、科学者が研究をしていて多くの実証データが出ています。


水素研究のの第1人者「太田教授」も産経ニュースの記事については、残念な記事として言及されています。(太田成男のちょっと一言)



最近、大手メーカーから発売されている水素生成器はなんと「水素」は入っていません。入っているのは活性水素です。未だ科学的に裏付けされていないものが入っています。ニセ科学と言う方もいます。

電解水素水なので「水素」は入っていません。

還元水素水なので「水素」は入っていません。

いずれも活性水素水です。

「活性水素水」が疑似科学だと言いきるのは明治大情報コミュニケーション学部の石川幹人教授です。石川教授のホームページを見ていただければ分かっていただけると思います。この中で石川教授は活性水素水は以前流行ったアルカリイオン水と同じものであると言っています。メーカーが水素ブームに乗って、名前を変えて販売しているのです。


みなさま、この情報を元にただしい水素水を飲んでください。
太田教授お薦めの水素水を飲んでいれば間違いないと思います。

●太田教授おすすめの水素水

健康家族「仙寿の水」

アビスト「浸みわたる水素水」

メロディアン「水素たっぷりのおいしい水」

キヨラビ「ナノ水素水」




0 件のコメント:

コメントを投稿